進学・就職で有利になる!高校生が取るべき資格やそのメリットとは? 【普通科編】

f:id:EBA0314:20211027025100p:plain

高校生になると急に学校の先生やネット記事などで資格を持っておいた方が良いと見たり聞いたりする機会が増えてくると思います。

 

しかし、実際に資格を調べてみたら種類が多すぎてどれを勉強すればよいのか分からないんですよね、、、

 

ですので、今回は普通科の高校生向けに進学や就職、将来のために役立つオススメの資格を紹介していきます。

f:id:EBA0314:20210914052923p:plain
ヒツジくん

今回は普通科向けの記事なのね

 

普通科高校生も資格を取得すべき理由

  1. 自分のスキル・知識の証明になる
  2. 進学先の学校によっては入試の際に優遇されることがある
  3. 仕事・アルバイトの給料が上がることがある
  4. 勉強に対する意欲をアピール出来る
  5. 面接で話のネタになる
  6. 勉強のモチベーションになる
1.自分のスキル・知識の証明になる

知識の証明というのは難しいものですが、資格を取ることで客観的に知識量を証明することが出来ます。

面接などで伝えたいときには必要です。

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

流石に模試の偏差値とかは面接では言えないけど、資格なら自信持って言えるからね。

2.進学先の学校によっては入試の際に優遇されることがある

英検の〇級を持っていたら試験点+ボーナス点みたいな感じだったり、もそも試験を受けなくても良いみたいな学校もあります。

意外ですが、国立大学の一部学科でも採用されています。

国立大学や名門私立大学などではAO入試での必須項目になっていたりします。

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

入試も良いけどその後、英語の単位を授業受けなくても貰えるのも嬉しい(大学による)。

3.仕事・アルバイトの給料が上がることがある

具体的な例ですと、危険物取扱者の免状を持って入ればガソリンスタンドの時給が数十円~数百円アップみたいな感じです。

最近はかなり少なくなってしまいましたが、たくさん資格を持っているほど給料が上がる資格手当もありました。

特定の資格となりましたが、今でも資格手当を導入している企業は少なくありません。

4.勉強に対する意欲をアピール出来る

学校の成績だけではアピールするにも限界がありますが、資格を取ることで勉強に対する意欲をアピールできます。

また、資格は自主的に行う勉強のため、学校での勉強より意欲をアピール出来ます。

5.面接で話のネタになる

これは面接が苦手な方はとてもメリットになります。

資格取得という引き出しを持っておくと、もし聞かれたことに対してすぐに思いつかなくても資格関連で返答すれば良いのです。また、その後に資格について深堀してくれるかもしれません。かといって、資格の話ばかりでは高校生活で資格しかやってこなかった人みたいに見えてしますので注意です。

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

私は運よく面接官と資格の話で盛り上がって無事合格!

f:id:EBA0314:20210914052923p:plain
ヒツジくん

えば(筆者)は指定校推薦(巷では99%受かると言われている)だから面接で合否変わらないでしょ(笑)

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

それは言わないお約束。

6.勉強のモチベーションになる

これは工業高校生ではなく、資格全般に言えることですが、勉強のモチベーションになります。

いくら好きな分野でも目標もなくやみくもに勉強するのは辛いことだと思います。

資格合格という目標があるだけで勉強のモチベーションにメチャクチャなります。

高校生にオススメの資格

  1. 英検(実用英語技能検定
  2. TOEIC
  3. 漢検日本漢字能力検定
  4. 数検(実用数学技能検定
  5. 簿記検定
  6. ITパスポート
1.英検(実用英語技能検定

英検は最も有名な資格の一つと言えるでしょう。

ただ英語力を証明するだけでなく、大学によっては入試で英語科目の試験免除や加点など試験で有利になる制度を設けています。

また、英語の単位が授業を受けなくても貰える大学もあります。

1~5級まであるのですが、3級が中学卒業レベルになっているので、高校3年生までに2級以上を取得しておくのがベストですね。

f:id:EBA0314:20210914052923p:plain
ヒツジくん

最近は専門用語のような横文字も普通にニュースとかで聞くようになったしね

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

そういう横文字の中には日本独自のものもあるけど、元の英単語から推測できたりするから他の資格にも応用効く。

2.TOEIC

資格検定では珍しい合格がない資格です。

スコア(点数)で評価します。

具体的には、満点990点で400点前後が高校卒業の平均で、600点近くあればほかの生徒と差をつけたり、ほとんどの優遇制度を設けている大学の条件をクリアすることが出来ます(国公立や有名私立校ではもう少し高いです)。

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

TOEIC豆知識?TOEICは990点満点の5点刻みの配点。

3.漢検日本漢字能力検定

英検と同じで漢検も最も有名な資格の一つと言えるでしょう。

こちらも同じく入試での科目免除や加点などの優遇制度を設けている大学があります。

漢字は小さい頃から勉強している内容なので英検よりハードルが低いと思います。

高校卒業レベルの2級を取得しておくのがベストですね。

4.数検(実用数学技能検定

英検・漢検と同じで数検も最も有名な資格の一つと言えるでしょう。

こちらも同じく入試での科目免除や加点などの優遇制度を設けている大学があります。

英検・漢検と違う点としては高校卒業レベルが準1級になっています。

しかし、出題範囲が広く難易度も高いため、多くの大学では2級が条件になっているので、2級の取得をオススメします。

5.日商簿記

簿記検定には、日商簿記と全商簿記と全経簿記の3種類あるのですが、

その中で高校生にオススメな資格が日商簿記です。

難易度は高いですが経理・会計の知識をつけることが出来るため、将来「税務」「会計」「経理」などの仕事に就きたいと考えている方は必ず役に立つ資格です。

ちなみに、経理・会計の仕事で簿記を持っていることが必須条件になっている会社は少なくありません。

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

日商簿記は3級でも高校で取れたらGood。2級はマジ尊敬。

6.ITパスポート

ITについて広く浅く知識を問われる資格です。

知識を問う資格なので実務をするような技術的な資格とはまた別です。

パソコン関係だけでなく経営・法・マネジメントなどについても問われるため、情報系だけでなく会社経営を将来したいと思っている方も取っておくべき資格です。

そのため、逆に情報系が好きな人はそこが厄介な点だったりします。

f:id:EBA0314:20210914052927p:plain
えば(筆者)

私は死ぬほどマネジメントの分野で苦労した。

資格を取ることをゴール(最終目標)にしてはいけない

資格はあくまで、目標(将来の夢など)への手助けのようなものです。

今後、その資格をとった後は何をすべきか、どう生かしていくかを考えなければ

それはただの自己満足で終わってしまいます。

せっかく努力して取った資格を自己満足で終わらせないように

しっかりと考え、次のステップアップに繋げる事ができれば、きっとより良い人生になる事でしょう。

まとめ

今回は、資格のメリットやおすすめの資格などを紹介しました。

是非、高校3年間悔いのないように過ごすためにも資格取得ということも視野に入れてみてください。また、今回紹介した資格はほんの一部でまだまだ専門的なところだとたくさんあるので是非興味のある方はその分野で調べてみてください。

資格はきっと人生に役立つものになると思います。

 

それではまた。